MENU

各店独自のキャンペーンにはぜひ注目を!

特殊な専門店を除くネット古本屋は、お客さんから見れば、どこもそれほど大きな違いは見当たりません。

 

もちろん在庫の豊富さなど、それぞれの店の規模などわかりやすいポイントはありますが、ウェブサイトの構成や仕組み、お店の宣伝文句のように大手でも中小でも、対等な立場で営業できるのがインターネット通販の特徴であるが故に、逆に比較が難しいというのが現状です。

 

特に買取では、人気マンガのように不良在庫となる可能性の少ない本については、どこの古本屋も積極的に買い入れており、そのための謳い文句はすべて「高価買取」となってしまうわけです。

 

実際、人気マンガになればなるほど、買取価格をどこまで定価に近づけるか、その上でどこまで利益を乗せて販売できるか、というまるでデフレ時代の牛丼屋の戦いのような消耗戦になっています

 

こうなると、正直なところ、どこの古本屋に売っても損はしないというのが実情です。

 

最後の切り札。買取キャンペーンをチェック!

 

だとしても、できればもう一声欲しいというのがお客である私達の心の声でもあります。
したときに、一つのポイントとなるのが、「キャンペーン」の存在です

 

 

これは、いつも行っているわけではありませんが、よくあるのが「買い取り額を○%アップします!」というのがよくあるケースです。
いくつか条件付けがあることが多いですが、その例としては「○冊以上の買取依頼で」とか、「査定額が○万円を超えたときに」などがあります。

 

前者はとにかく数を重視。つまり、安くしか売れないマンガであってもその中に良いものがあればという期待値を込めた戦略。
後者は、冊単価の高いマンガを売って欲しいという質への期待を込めた戦略となります。

 

 

一方、買取客を自店の購入客に結びつけようとするキャンペーンもよく見られます。
これは、「買取金額を現金ではなく、自店で使えるポイントにしてくれたら○%アップします!」というような形です。

 

これは、マンガをよく購入するような方にとっては、面白い試みの一つだと思います。
特にネット古本屋の中でも大きなところでは、在庫が豊富ですので、ちょっと古いけど読み直したい名作なんていうのが安く買えたりします(大概近所の古本屋では間の巻が抜けてたりしますよね)。

 

ただ、気をつけたいのはポイントには期限があるお店が多いという点です。
新古書店大手のブックオフチェーンなどでも店で使えるポイントが出る店がありますが、あれにも期限はあります。
ポイントに変更する場合には、お店のヘルプ、キャンペーンページなどにある注意事項をよくご覧の上、選択されることをお勧めします。