MENU

梱包に気をつけないと買取額ダウンの可能性も

通販のネット古本屋では、買取も宅配業者を介した「宅配買取」という方法が主流です。

 

古本屋での買取というと、古本屋へ本を持ち込む方法(持っていくのが大変ですね)、古本屋に家に来てもらって引き取ってもらう「宅買い」という方法(家に入られるのはイヤだという一も多いです)などがあります。

 

でも、引越や転勤などでは、家の中もばたばたしていますから、荷物整理のついでにダンボールに詰め、そのまま古本屋へ発送という「宅配買取」は、効率的です。

 

 

さて、宅配買取を行っている古本屋では、多くの場合、送料無料(着払い)となっています。
また、梱包用にダンボールを先に送ってくれるお店もあります。
こういうところを利用すると、マンガを売るのに別にお金がかかってマイナス、なんてことがないので安心です。

 

そんな宅配買取ですが、必要なのが、ダンボールに本を詰める「梱包」です。
ざっと適当に入れればいいでしょう、と思われがちですが、意外と配送中にマンガは痛みます

 

古本屋は、届いたときの痛んだ状態で査定しますから、結果的に損をするのはあなたです
とはいえ、ちょっと気をつければいいだけですので、このページを読んで、気をつけるポイントをチェックしておいてください。

 

 

マンガは横積みのみ

ダンボールに本を詰めていくと、サイズが微妙に合わずに、隙間が空いてしまいます。
だったら縦に積もうかと、そう考える人もいるかもしれません。
ですが、これはダメです。

 

基本的にマンガは柔らかい紙でできていますので、縦に積むと大概歪みます。
特に隙間があるからと、横積みにした上に、縦積みなどとすると、これはまさに痛みの大本になります。

 

横にして、積み上げる。
これがすべての基本です。

 

私の「買取体験記」の中で、梱包した様子を写真に収めていますので、これも参考にしてみてください!

 

 

隙間にはダンボールがお勧め

空いてしまった隙間はどうすればいいのか。
お勧めは、100円均一でも売っているプチプチ(エアークッション)です。
引越などの場合には、業者がくれる梱包用のクッションなども使えます。

 

本を売るのに別の買い物をするのはばからしい、という方には、ダンボールもお勧めです。
例えば、Amazonのむやみに大きなあのダンボール。
一部を切り取って、折って隙間のサイズに合わせる。これだけで本が動かなくなります。

 

他には、隙間を埋めるのに、「新聞紙」を詰める。
これを一般的ですが、新聞紙のインクは、配送中に本を擦れることで、本を汚してしまう可能性があります。

 

新聞紙を使う場合、ビニール袋に入れるなど、インク写りがないように気をつけて使うことをお勧めします。