MENU

残念なお知らせです

本サイトで紹介し、好評をいただいておりました「アーカムブックス」ですが、残念ながら3月をもって閉店となってしまいました。
私個人としても、愛用してきたお店だけに残念です。

 

既に、我が家でもマンガが山のようになっています。
第1候補のお店が閉店というのは残念ですが、他にも本サイトでご紹介しているお店がありますので、こちらに依頼します。
アーカムブックスに匹敵する良いお店はいくつもあると思いますので、またレビューしていきたいと思います。

 

早急にマンガの買取先を見つけたい方は、本サイトでご紹介しているお店が良いかと思います。
ぜひご参考ください。

実際に買取をお願いしてみた!

私は、本サイトのような「マンガ買取」についてのサイトを立ち上げていますが、例に漏れず、私自身もまたマンガを良く買います。
ついでに、私の相方もよくマンガを買ってきますので、結果的に3ヶ月も過ぎると、すぐに本棚がマンガであふれかえってしまいます。

 

そういったわけで、できるだけ面倒なく、スピーディーに買い取ってくれる古本屋、そしてできれば高く買ってくれる古本屋を探しておりました。

 

 

その中で、評判も良さそうで、歴史もあり、ウェブサイトの信頼性も高そうな「アーカムブックス」を発見。
ここに依頼することを決めたのです。

 

最初に言ってしまいますが、特に問題なく、「満足」の部類に入る古本屋でした。
そんなわけで、これまで数度にわたり「アーカムブックス」にマンガ買取の依頼をしていますし、今年もあと1回は依頼する予定です(多分本棚がパンクします)。

 

本サイトも注目の「アーカムブックス」。
その「アーカムブックス」にマンガを売ったらどうなるのか。
その顛末をご覧ください。

 

依頼はここから始まる!

 

アーカムブックス
まずは、このページから依頼します。
アーカムブックスでは、無料ダンボールサービスと、送料無料サービスがあります。
今では、ネット古本屋でおなじみのサービスですが、やはりこの2つが揃っていると頼みやすくなります。

 

まずは、メールフォームから買取を依頼します。
メモ欄に、大体の冊数を書く欄がありますので、できるだけ正確に書きましょう。
ここでの冊数を目安にダンボールを送ってくれますので、できればサイズ別に冊数を書いた方がいいと思います。
(申込日:2012年9月9日)

 

買取依頼書メールが届く

買取依頼書メール
翌日、「買取依頼書送付のお知らせ」と題するメールが届きました。
(メール到着日:2012年9月10日)

 

ダンボールも届いた

ダンボール到着
更に、その翌日には、早速ダンボールが到着しました。
今回は依頼するマンガの数がそれなりにありましたので、ダンボールは3箱届きました。
ダンボールに挟まって、「買取説明書(注意事項が書いてあります)」「買取依頼書」「着払いの宅配便伝票」が封筒に入っています。全部申込時の名前などは書いてありますので、確認だけでいけます(楽ちん)。
(ダンボール到着日:2012年9月11日)

 

今回の買取依頼品はこちら

依頼品マンガ一覧
今回買取をお願いしたマンガたちです。
なぜかいつまで経っても買取価格が落ちない「夏目友人帳」既刊全部、アニメ化してもやっぱりコミックスはなかなか出ない「青い花」既刊全部、先日アニメ化で人気を博した「坂道のアポロン」全巻、アニメ化は分割二期で、今後も更に人気が出そうな「ヨルムンガンド」全巻、改めて読み直していた「PLUTO」全巻、なぜか改めて読み直していた「忍空」全巻、その他、「ONE-PIECE」「ちはやふる」「グラゼニ」などは最新刊だけです。

 

更に、アーカムブックスでは、マンガだけでなく、文芸書やビジネス書などの活字書籍、
CD、DVDなどの映像作品、ゲームなども一緒に買取しています。
今回は、東野圭吾単行本や新刊文庫、ビジネス書、ゲームなども一緒にお願いしました。

 

梱包開始!

 

ここからダンボールに詰めていきます。

 

梱包中。梱包中
写真は、軽く箱に詰めたところです。
ゲームは、クッションスポンジでくるんでいます。プラスチックケースが割れるかも、と考えて引越の時に余っていたスポンジを出してきました。
2箱に収まりましたが、両方ともまだ隙間が空いています。

 

更に梱包中。梱包中
そこで、本サイトでもオススメしているように、Amazonのダンボールを再利用。
隙間でマンガが動かないように、隙間を埋めました。
完了後の姿です。綺麗に収まりました。

 

最後に書類が必要です
最後に買取依頼書と身分証明書(買取依頼時には身分証明書のコピーが必要です。法律上必要とされている書類なので、入れないと買取できないことがあります)。

 

ダンボール2つ分になりました。この後、佐川急便に電話して、取りに来てもらいました。
なんだかタイミングが良かったらしく、「集荷依頼」の15分後には、もう持って行ってくれました。
待たなくてラッキーです。
ついてきた買取依頼書に、近隣の佐川急便の集荷センターの電話番号が書いてありますので、調べる手間がいりません
一手間かけているところに、アーカムブックスの人気の秘密があるように思えました。
(ダンボール到着日:2012年9月13日)

 

発送翌日に査定結果到着!早い!

もう来た。査定結果が
翌日。早くも査定結果が届きました。
「買取不可」は1点のみでした。高額買取商品と通常買取商品は、分かれています。
注目はアーカムブックス独自のサービス「全巻セットボーナス」です。
10冊以上の完結セットを送ると、1冊あたり10円プラスになります。多分これ、「忍空」12巻セットの分でしょう。

 

査定結果です。
マンガ:140点 15330円(平均:109.5円)
書籍:45点 3237円(平均:71.94円)
ゲーム:3点 2119円(平均:706.4円)
合計:188点 20926円
となっています。

 

ちなみに、マンガの中で91点は高額買取商品となり、こちらの平均は159.2円となりました。
(査定完了日:2012年9月14日)

 

入金までは約1週間かかります

入金完了で満足!
1週間後、「送金完了のお知らせ」のメールが来て、これで買取終了です。
今回は、依頼から集荷、査定までがすごく早かったです。このスピード感はとても大事ですね。
(入金日:2012年9月21日)

 

 

買取を体験してみて

 

私は、実際にはアーカムブックスを利用して買取をお願いするのは、何度目かですので、ここまでの流れは大体把握できています。
こういった買取までのルーティンはともかく、毎度毎度びっくりするのは、査定結果が出るまでの早さと、買取額の高さです。
よく相方も「そんなに?」という反応をしますので、大体いい意味で予想外の金額のことが多いように思います。

 

もしかしたら、他の古本屋の方が早くて、高い。そんなお店もあるかもしれません。
ただ、アーカムブックスを利用する限り、そのようなリスク(もしかしたら遅くて安いかも)を犯すなら、アーカムブックスで問題なし。私はこう考えて、友人などにもお勧めしています。

 

本サイトでもご説明した「ネット古本屋」「人気マンガの在庫あり」「全巻セットがある」「事前査定サービスがある」と、高額買取の条件はほぼ備えています。

 

あとは、私たち、「マンガを売るお客さん」側が、古本屋が高く買ってくれる条件を持ったマンガを売る。
この二つがあれば、ほとんどの場合、満足いく買取結果になるのではないか。私はそう思っています。
これまで他の古本屋で、いまいち買取に納得がいかなかった方は、一度、このアーカムブックスに買取をお願いしてみるのはいかがでしょうか。

 

 

と、ここで残念なお知らせです。

 

オススメしてきたアーカムブックスですが、残念ながら3月をもって営業をストップしてしまいました。
個人的にも愛用してきただけに残念です。。。

 

ともあれ、営業を止めてしまったのであれば、アーカムブックスに頼むわけにもいきません。
この「マンガ買取なら」では、他にもおすすめの古本屋を紹介していますので、ぜひ他のお店をご検討ください。

 

ちなみに改めて「高く買い取ってもらえる古本屋の条件」をお伝えしましょう。
それは、

 

1)ネット専門でお店を持たない
2)全巻セットを扱っている
3)新刊マンガも在庫している

 

の3条件です。
このサイトでお伝えしているお店は、全部この条件に当てはまっていますので、あとは依頼するマンガ次第となります。
処分したいマンガが人気作であればなおのこと、となりますが、それはどこのお店でも同じこと。

 

上の3条件、忘れないでくださいね。

 

アーカムブックスに変わる古本屋候補は、ここに一覧があります